ウェッジホームブログ

千葉県木更津市にある建築会社㈱ウェッジホームのブログです。新築・リフォーム・店舗改装工事を主にしております。自然素材を活用し身体に優しい素材でオリジナルハウスをご提案します。

*

国産材のシェアは20%弱

   

国産材の使用率(シェア)は20%弱と言われております。

ウェッジホームでは構造材に国産材(主にヒノキの無垢材)を使用しておりますが、

全体的の比率としてはすごく少ない・・・残念です。

特に大きな問題はやはり「価格」が原因ではないでしょうか。

外国の材木より国産の材木が安ければおそらく、「国産材」のシャアがもっと増えるでしょう。

しかし、そうもいかないのが現状です。

昔の古民家を見てみると国産(地元の木)、杉、ヒノキ、ケヤキがふんだんに使用されている傾向を目にします。

地元で育った木を地元で利用する。そして、地元の気候にあっているまさにベストな状態です。

そこで、先日あるサイトを見ましたので皆様にも紹介します。

杉、ヒノキ、ベイツガ、ホワイトウッドを3年間野ざらしにした実験結果

このデータはある材木店が行った実験データです。

http://www.shinrin-ringyou.com/mokuzai/taikyu.php

ホワイトウッドという木は北欧で採れる欧州トウヒ、スプルスなどの白い木の総称です。

湿気がなくシロアリが生息しない土地で育った木

このデータをみてわかる通り、ホワイトウッドの劣化がよくわかります。

ホワイトウッド、名前はおしゃれですけど、その構造をよく理解する必要があります。

もし、柱が3年やそこらでこうなるとは限りませんが、

これが20年、30年かけてこのようになってくると考えると恐ろしいでよね。

ホワイトウッドとは↓

https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%9B%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%88%E3%82%A6%E3%83%83%E3%83%89&ie=utf-8&oe=utf-8&aq=t&rls=org.mozilla:ja:official&hl=ja&client=firefox-a

つまり先程、話した、70%以上の方がこのホワイトウッドを使用していたらと考えるとぞっとします。

我々も家造りを担う者として、もっと広く「国産材」を使用することのメリット、でデメリット、

集成材を使用するメリット、デメリットを説明していく義務があると思っております。

 - 構造・材料

ads

ads

ためになったらシェアしていただけると嬉しいです。

記事を最後までご覧いただき、ありがとうございました。 この記事のご紹介していただけると嬉しいです。

ブログの更新情報はこちらでも配信しています。

follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

天然の接着剤、米のりの威力!!

今現在使用されている接着剤は、 住宅の建築で欠かせない接着剤、今現在多く使用され …

珪藻土が良いと聞いたのですができますか?

塗り壁といえば人気がある珪藻土!?! 珪藻土は、昔七輪を作る時に廃材として出てき …

安全で高機能な断熱材『炭化コルク』

  施工日記~炭化コルク(断熱材)使用の外壁~ 君津市で現在施工中の炭 …

表しの柱や梁が割れているが、構造的に大丈夫?

ウェッジホームでは柱に無垢材を使用しており よくこんな質問を頂きます。 無垢材を …

住宅設備・住まいの情報を知り家造りの選択肢を増やす方法

2014 第31回ジャパン建材フェア視察 住宅のトレンドを反映した事例や提案や …