ウェッジホームブログ

千葉県木更津市にある建築会社㈱ウェッジホームのブログです。新築・リフォーム・店舗改装工事を主にしております。自然素材を活用し身体に優しい素材でオリジナルハウスをご提案します。

*

表しの柱や梁が割れているが、構造的に大丈夫?

   

ウェッジホームでは柱に無垢材を使用しており

よくこんな質問を頂きます。

無垢材を使用する際に柱や梁にヒビや割れているが、構造的には問題なく大丈夫ですか?

ちなみに、神社や古いお家、仏閣の柱など見たことがありますか?

色は濃くなっているのでわかりにくいですが、実はよく見ると割れています。

部屋の中に見えてくる柱(真壁のお部屋)は目で見てわかりますが、

壁の中に隠れている柱も実は割れています。

この割れが見た目にあちこち入らないように背割りといって、

わざとノコ目を入れる場合がありますが、

あまり柱の芯まで入れると木の繊維を切断してしまうので

構造的にも良くなく、自然の乾燥割れというのは、

自分の中の弱いところで、つまり強度的に支障の無いところで割れているのです。

集成材の写真と構造について

集成材写真【この写真は横から集成材をみた時】

syuusei-yoko

集成材写真【この写真は上から集成材を見た時】

syuusei-tate

この縦の黒い部分に化学接着剤を使用しておりますが

年々この接着力が低下していき、耐用年数は30年とも言われております。

集成材はほとんど狂いがなく、強度もある程度、データとして

最初は確保できていますので住宅会社にとっては使用しやすい材料です。

無垢材は、木が動く可能性があるので、建具などの調整が必要性がでてきますが、

集成材のように接着力が低下するということが一切ありません。

この写真は古民家の構造の写真です。

kouzouzai1

小屋組みです。何十年とこの太い梁が家を支えています。

kouzouzai2

無垢材の構造はウェッジホームでも見ることができます。

muku1

これは、実際に使用する構造材です。社内にも展示しております。

 - 構造・材料 , , , , ,

ads

ads

ためになったらシェアしていただけると嬉しいです。

記事を最後までご覧いただき、ありがとうございました。 この記事のご紹介していただけると嬉しいです。

ブログの更新情報はこちらでも配信しています。

follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

安全で高機能な断熱材『炭化コルク』

  施工日記~炭化コルク(断熱材)使用の外壁~ 君津市で現在施工中の炭 …

国産材のシェアは20%弱

国産材の使用率(シェア)は20%弱と言われております。 ウェッジホームでは構造材 …

珪藻土が良いと聞いたのですができますか?

塗り壁といえば人気がある珪藻土!?! 珪藻土は、昔七輪を作る時に廃材として出てき …

天然の接着剤、米のりの威力!!

今現在使用されている接着剤は、 住宅の建築で欠かせない接着剤、今現在多く使用され …

住宅設備・住まいの情報を知り家造りの選択肢を増やす方法

2014 第31回ジャパン建材フェア視察 住宅のトレンドを反映した事例や提案や …